2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
前回までのおさらい CPUを買い替えたために水冷キットを買ったが

調子よく動いているしpenDの激熱をよく冷やしてくれていいのだがポンプとホースがケースの外に出ていて見た目も悪いし事故が起きてるかもしれない。
でも性能は問題ない、このまま使おうと思ったがクーラーマスターのすんごい水冷キットを見つけてしまった、見つけてしまったもうほしくてたまらない。
それは5インチベイを二段占有する変わったタイプでその5インチベイの中にタンクとポンプとコントローラが一体になっていてユニット自体がアルミ製でみるからに熱を逃がしそう、そしてマザーボードとは独立してcpuとシステムの温度を測ってポンプの回転を制御するようになっています。
制御ようにPCIボードまであり、フロントフェイスには液晶で温度、回転数、冷却材の量、などがモニターされひとめで気に入り買っちゃいました。(45000円)
いい買い物したなーーと家に帰りさっそく作業にかかりました。
現状つかっていたものはタンクがおきく冷却液をぬくのにえらく時間がかかりました(水冷は取り付けも取り外しもめんどくさい)がこんなこといまから超高性能水冷キットをつけてみたいと
いう気持ちがいっぱいで苦になりません箱から出してアルミ製の本体をこれがいまからこのケースにつくんだとわくわくして合わせてみました。えーーーーーーーーーーーうそや¥¥¥ーーー
なんとはまりません。
5インチべい2段使うのですがケースが小さくて入らないのではありません、なんといってもフルタワーサイズですから、入らない理由は5インチベイの段のしきりが取れないので2段占有するこのキットは使えない、せっかくかったのに使えないまさか入らないとは。
しかたなくもとに戻しました。
もちろん買ったキットもできるだけもとどおりに箱に戻しました。 やれやれ
続く
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://macandpc.blog91.fc2.com/tb.php/8-e1567d2a

管理人の承認後に表示されます
 2012-11-22 Thu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。